FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

地獄の女神は実は修道女!?~ヘル・ブリギッド~ゲルマンとケルト番外2

サンタクロースとなまはげの記事を間に挟みましたが
ゲルマンとケルト番外編の2をお送りします。
予告をしてから1年も間をおいてしまいましたが
北欧神話におけるロキとアングルボダの間に生まれたとされる
3人(頭?)の怪物の一人”ヘル”を焦点にしてみましょう。
もう一人対比したブリギッドについては後ほど

まずは、”ヘル”という女神の簡単な紹介から

:ヘル (Hel):
父:ロキ
母:アングルボダ
兄弟:フェンリル/ヨルムンガンド
支配地:ヘルヘイム(ニヴルヘイム)
住居:エーリューズニル

ロキと女巨人アングルボダの間に生まれた
世界に災厄をもたらすとされた3兄弟のうちの一人で女神とされ、
彼女だけが動物ではなく人型である。
(フェンリル:狼/ヨルムンガンド:蛇)
容姿は醜いとされ、上半身が生気のある肌色、下半身が腐敗し黒ずんでいるとされる。
絵画などでは白と黒(赤と青)に塗り分けられる。
これは、生と死の狭間にいる表現、あるいは、
生と死を支配する表現と考えられる。
北欧神話の神の中で唯一死者を蘇らせる力が見て取れる。
名誉ある死者(戦死者)以外の死者(病死・老衰・事故死など)が
行くとされる場所をオーディンから支配地として定められる。
文字通り地獄(英語のヘル)の女王である。
Wikipediaヘルの項参照

では空想の領域へと参りましょう(笑)
続きを読む »
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2010-01-09 12:19:30

ロキ~北欧神話妄想~ゲルマンとケルト番外

2008年に予告して記事を書いている今は2009年・・・・
新年明けましておめでとうございます!(明け切ってますが・・・・)
という事でいよいよ北欧神話のトリックスター
ロキ(Loki)の謎について妄想してみたいと思います。

まずは、ロキの簡単な紹介(wikiより抜粋)
--------------------------------------------------------------------
ロキ (Loki) は北欧神話に登場する悪戯好きの神。
オーディンの義兄弟。神々の敵であるヨトゥンの血を半分引いている。
巨人の血を引きながらもオーディンに力が認められアースガルズに住み、
オーディンやトールと共に旅に出ることもあった。
男神であるが、時に女性にも変化する。

巨人の王ウートガルザ・ロキおよびその宮殿で相まみえるロギとは別人である。

父 - ファールバウティ(「残酷に打つ」の意)
母 - ラウフェイ(「葉の島」の意)
妻 - シギュン、アングルボダ
夫 - スヴァジルファリ
兄弟 - ヘルブリンディ、ビューレイスト、息子としてオーディン
子 - アングルボダとの間の子にフェンリル、ヨルムンガンド、ヘル。
   シギュンとの間の子にナリとナルヴィ(『古エッダ』)、
   またはナリ(別名がナルヴィ)とヴァーリ(『スノッリのエッダ』)。
   スヴァジルファリとの間の子にスレイプニルがいる。
--------------------------------------------------------------------
少し上記抜粋に補足をすると、「神々の敵であるヨトゥン」とは霜の巨人族の事。
つまり、ロキは巨人族との混血だと言うことなのだが
上記家族表にある父と母は両方霜の巨人族であるという事なので
なぜ、半分血を引いているという表現となるのだろうか?
神話的には神々の王オーディンと血を混ぜ合わせて義兄弟となった
という話しがあるため、その時点で混血となったとも解釈できる。

さて、このロキを私がどのような存在と考えているかを発表しよう。

ロキとは戦災孤児、あるいは戦闘の結果生み出された望まれぬ混血児ではなかろうか

そういった意味でロキとはヘイムダル同様(参照:ヘイムダルとブレス~ゲルマンとケルト4)に
個人を指すとともに、ある集団を指すものだと考えている。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2009-01-13 11:16:15

ヘイムダルとブレス ~ ゲルマンとケルト4

ゲルマンとケルトのシリーズ4回目は
ヘイムダルとブレス”を採り上げます。

まずは、北欧神話におけるヘイムダル神
ケルト神話におけるブレス神の簡単な紹介から

《ヘイムダル(Heimdall/ヘイムダッル)》

異称:白き神、9人の母の息子
オーディンアサ神族の1柱で神々の国アスガルド(アースガルド)と外の国をつなぐ
3本の虹の橋ビフレストの側(あるいはたもと)のヒミンビョルグに住み、
巨人族からの襲撃など外界からの脅威に耳目を傾け警戒していると言われます。
神々の終わり・世界の終末であるラグナロクの到来を告げる
ギャラルホルンの角笛を吹き鳴らす役目も負っています。

《ブレス(Bres)》
名前の意味は美しきもの
トゥアハ・デ・ダナーン(ダヌ女神の一族)の王
マートゥーレスの戦いにより片腕を失った一族の王ヌアザにかわり
エリン(アイルランドの古名)の初代の王となります。
父はフォモール族の王エラサ、母はトゥアハ・デ・ダナーンエリと云われ
巨人族と神族のハーフにあたります。
王になった後、父方のフォモール族に有利な政治を行い
また、トゥアハ・デ・ダナーンの慣習に背く行いが甚だ多く
7年の在位を持って王位を追われることとなります。

さて、上記の簡単な紹介を見る限り
これまで対比してきたオーディン=バロル(共に隻眼)
テュール=ヌアザ(共に隻腕)のような決定的な共通点はありません。
2神ともに容姿が美しいという事は云われますが
それだけで、ヘイムダル=ブレスの根拠とするには無理がありすぎですね(苦笑)。
ですが、古代北欧ゲルマン王国 ~ ゲルマンとケルト3の記事にて提示した前提や
隻腕の神テュール/ヌアザ ~ ゲルマンとケルト2のような解釈を踏まえると
この2神の共通点が見えてくるのです。

では、空想・妄想の領域へと参りましょう(笑)。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008-10-04 16:28:10

古代北欧ゲルマン王国 ~ ゲルマンとケルト3

ゲルマンとケルトの第3回となる今回、
このシリーズを書くにあたり、
大前提をいくつか提示しておく必要性を感じましたので
それを整理してみようと思います。

このシリーズは北欧神話ケルト神話に登場する神々に
身体的な特徴が一致する者達がいること
この着眼点からスタートしました。

一番の始点となるのは
北欧神話の主神オーディン
ケルト神話の神々の敵となる巨人族フォモール族の王
邪眼のバロール
この二人の神が同一であるかもしれないと言うことでした。

実のところ、このオーディン=バロール
きちんとした説明なしに第1回目で紹介しました。
両者とも一つ目であると言うこと
神の一族の王であり、魔術に長けていると言うこと。
このような単純な一致から他の両神話に登場する神々や巨人にも
共通項がみられるのではないか?
そこからこのシリーズの空想の連鎖が始まるのです。

そして、第1回目にはオーディン=バロールとともに
ロキ=ルーを提示しましたが
この北欧神話最大のトリックスターロキ
ケルト神話の英雄神ルーの検証は
いくらか修正を加える必要がありそうです。

続く(随分と間は開いていますが)第2回では
このブログの閲覧者のかたからヒントを得て
テュール=ヌアザを提示しました。
両者ともに片腕を神話世界で失う神です。
詳しくは第2回をお読みいただくとして
ここで一つの矛盾が生じ、それを発想&空想により
回避することとなります。
生じた矛盾とは比較する神々の立ち位置の違いです。

北欧神話においてオーディンテュール
共にアサ神族に属する同族として描かれます。
対して、バロールヌアザ
かたや巨人族の王、かたや神々の王
全く相反する陣営の長なのです。

そしてこれを回避するための発想&空想が
古代北欧ゲルマン王国となるのです。
 
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008-09-07 11:18:36

隻腕の神テュール/ヌアザ ~ ゲルマンとケルト2

さて、久しぶりの更新になります(苦笑)。
交流途絶えて久しいと言うのにコメントを入れて下さった
WildChildさんにまずは感謝を!(笑)

以前に記事とした
”オーディンとバロル ロキとルーフ ~ ゲルマンとケルト”
に対してのコメントなのですが、
久しぶりに妄想心に火が付いてしまい、
急遽、記事アップとなりました!(笑)

まずは、コメント元となった記事
”オーディンとバロル ロキとルーフ ~ ゲルマンとケルト”
に対して補足をさせていただきましょう。

この記事は”実に中途半端なものである”と言うことを
私自身気づきながらアップしたものでした。
北欧神話ケルト神話(ここで言うケルト神話は島のケルト)
この二つにそれぞれ登場する重要な神々に見られる妙な共通点。
それに気づいてろくに検証もせずにアップしたのが実情です。

ですが、北欧神話の主神”オーディン”と
ケルト神話の神々の宿敵フォモール族の王”バロル”が
いずれも隻眼(一つ目)である点、
加えて、北欧神話のトリックスター”ロキ”と
ケルト神話の光の神”ルーフルー)”が
いずれも敵対部族との混血神であることから
北欧神話とケルト神話はそれぞれの立場から見た
同様の歴史的事実(戦いの歴史)を表しているのではないのか?
という私自身への問いかけだったのです。

しかし、そこから先に思考が上手くつながらなかった・・・。
何か思考を発展させるピースが足りないという感じだったのです。
そこに、随分と時間がたってから今回のコメントが入り
思考の発展に光明が見えた気がしました。

それが、隻腕(片腕)の神テュール”と”ヌアザ”です。
テュール”は、北欧神話における軍神にして調停の神
ヌアザ”はケルト神話における神々の王
彼らはいずれも片腕を失う神なのです。
 
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008-08-14 22:10:56

「クリスマス・キャロル」の3人の精霊は運命の神からの転用?

今夜はクリスマスイブです。このイブの日に起こる奇跡を描いた有名な作品。

チャールズ・ディケンズ( Charles Dickens )著作
「クリスマス・キャロル( A Christmas carol )」

まず、本題に移る前に、このお話を知らない方の為に
簡単なあらすじを紹介しましょう。

物語は、主人公の友人の葬式から始まります。
彼の友人が亡くなったのは12月24日、クリスマスイブの事でした。
主人公は優秀な商売人であり、その死んだ友人は共同経営者でした。
葬式の参列者はとても少なく、生前の行いがわかります。
死んだ友人も主人公も優秀な商売人ではありましたが、
何をおいても利益を最優先とする
守銭奴のような働きによるものだったからです。
何年か後の事、
同じようにクリスマスイブの日が訪れていました。
彼は、クリスマスなどと言って
浮かれている他の人達を蔑んでいました。
いい訳ををしてさぼっているくらいにしか思わなかったからです。
彼の甥がパーティに誘っても追い返します。
寄金を求める人が訪れても追い返します。
主人公は、クリスマスイブだというのに
夜12時まで働き、使用人も同様に働かせます。
彼が仕事を終え、帰宅すると、
恐ろしい事が待ち受けていました。
何年も前に死んだ友人が、幽霊となって彼を訪ねるのです。
友人は主人公に警告をしに来たのです。
このまま、クリスマスを敬うことなく過ごすなら
自分同様死んで浮かばれず彷徨うことになると。
そうならない為のチャンスが与えられると。
これから現れる3人の精霊を受け入れる事を拒否すれば、
そのチャンスは失われてしまうと。
そして、彼の元へ3人のクリスマスの精霊が現れるのです。
一人目は過去のクリスマスの精
二人目は現在のクリスマスの精
三人目は未来のクリスマスの精
果たして、主人公は何を見、聞き、悟るのでしょうか?

あらすじはここまでにして、本題に移りましょう。
問題となるのは”3人の精霊”です。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-12-24 15:55:00

北欧神話のトリックスター”ロキ”から見える巨人族~海上支配権の確立~

北欧シリーズをまだ続けましょう!(笑)
今回は、北欧神話に登場するロキ(Loki)
と言っても彼そのものではなく、
このトリックスターの存在から読み解く北欧の巨人族のお話。

さて、記事「巨人考~先史バイキング型海洋民」
記事「オーディンの愛馬スレイプニルの正体は?!」
と二つの記事において、
巨人=先史バイキング型海洋民
スレイプニル=先史時代のバイキング船の元型
といった風に、視点を海に据えた空想を構成してきた。

その中心には、ロキ(Loki)というトラブルメーカーにして、
トリックスターである神が欠かせない。
彼は神々の敵対者である巨人族アース神族との混血神

北欧神話における巨人族は大きく5種族が存在する。
ヴァン神族霜の巨人炎の巨人氷の巨人山の巨人である。
山の巨人を除く4種はそれぞれ国を持っている。
ヴァン神族>ヴァナヘイム
霜の巨人>ヨトゥンヘイム
炎の巨人>ムスペルヘイム
氷の巨人>ニヴルヘイム

このうち、神々の敵対者と言われ、
世界の終わり”ラグナロク”まで
徹底してオーディン率いるアース神族
戦いを仕掛けるのが、霜の巨人族である。
そして、ロキはこの霜の巨人族の血を引いている。

前出引用した記事「巨人考~先史バイキング型海洋民」
における巨人も中心はこの種族の事だ。
当該記事内にて明確に区別をしていなかったので
私の私見による区分けをここで記しておこうと思う。

ヴァン神族>ゲルマン移住前のスカンジナビア地方の土着農耕民。
霜の巨人>ゲルマン移住前のバルト海沿岸に住まう海洋民。
炎の巨人>アイスランド土着民。
氷の巨人、山の巨人>フィンランド地方の土着民。

もう少し、説明が必要だろうか。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-12-15 13:25:45

 | HOME |   | ENTRANCE |  »

FC2Ad

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。