FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

神話と葦(あし/よし)

葦(あし/よし)という稲(いね)科の植物があります。
学名 :Phragmites communis (Phragmites : ヨシ属/communis : 普通の)
神話を読んでいると、何気なく登場する植物だと言えます。
湿地に群生する植物で、古代から人が利用してきた、大変身近な植物でした。
初夏の葦原 From:角館町観光協会HP 角館紀行 冬祭りの準備
このイネ科”葦(あし)”という植物、
現在では分類がはっきりと区別されているのですが
古代の神話などで語られる”葦(あし)”には
似た風貌を持つカヤツリグサ科の植物も含まれます。
最古の紙の原料とされる”パピルス(Papyrus)”カヤツリグサ科です。
古代の船で”葦船(あしふね/あしぶね)”と呼ばれるモノの多くは
カヤツリグサ科の植物を材料にしていると言われます。

ただいま、アフリカ神話の紹介をしていますが、本日はちょっと中休み(苦笑)。
もちろん、”葦(あし)”アフリカの神話にも登場します。
南アフリカ最大の勢力を誇ったズールー族(ズルー族)の始祖神話では
”最初の人間は、男と女の一組で、葦(あし)、葦原(あしはら)の中から現れた”
と伝わります。
また、現在ジンバブエ及びザンビアのザンベジ河中流域に住む
トンガ(トーンガ、ツォンガ)族の始祖神話では
”一組の男と女が爆ぜた葦(あし)から突然現れ、この世にあることになった”
と伝わるといいます。

日本神話の場合も、この”葦(あし)”という植物、
切っても切れない縁があります。
日本神話において日本の国土の異称を
”葦原中国(あしはらのなかつくに)”あるいは、
”豊葦原中国(とよあしはらのなかつくに)”と言います。
また、天地開闢(創世)神話の1柱(ひとはしら)に”葦(あし)”の一文字を持つ
可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこぢのみこと)<日本書紀表記>
という神様がおられます。
さらに、国産み(くにうみ)神話において
伊邪那岐(いざなき)伊邪那美(いざなみ)<古事記表記>が
一番最初にお産みになった神様が”水蛭子(ひるこ)”と呼ばれる
不具(体に欠陥/欠損がある)の子で、
この”水蛭子(ひるこ)”神は、
”葦船(あしふね/あしぶね)”に乗せられて流されてしまいます。
さらに私の個人的な解釈ではありますが
”八岐大蛇(やまたのおろち)”の体内から現れたとされる
”天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ、あめのむらくものつるぎ)”の異称、
”草薙剣(くさなぎのつるぎ・くさなぎのけん)”の元になった
日本武尊(やまとたけるのみこと)
駿河の国(現:焼津と伝わる)にて沼地の野原に火をかけられ草を払う場面、
この野原に生い茂る草は”葦(あし)”であったと思います。
続きを読む »
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008-01-20 17:05:41

酒は飲んでも飲まれるな!(笑)~神と酒(1)

年末も差し迫り、
中には忘年会三昧(地獄!?)なんて方々もいたことでしょう(苦笑)
忘年会につきものと言えば、

やはり、お酒!!

”酒は百薬の長”と言われるかと思えば
”酒は百毒の長”なんて事も言われます。

薬も使い方を間違えれば毒になります。
上の二つの言葉は、意味は正反対ですが、
お酒の持つ効用を示している点では全く同じなんですね(笑)。

この”お酒”という飲み物は、

古来より”神様の飲み物”とされてきました。

酒の神様として有名なのは
ローマ神話のバッカス(バックス/バッコス:Bacchus)
ギリシャ神話のディオニューソス(ディオニュソス/デオニュソス:Dionysos)
この神様達は本来ワイン(葡萄酒)の神様で
その起源は東方、即ち古代オリエントにあると言われています。

年代には諸説
(BC3000、BC5000、BC6000、BC7000、BC8000)
があるようですが、
シュメールの人々によって、その製造がなされていたようです。
またシュメールの人々は、ビール(麦酒)も作っていたことが知られています。
ワインは高級品、ビールは庶民の飲み物だったようです。

詳細はわかりませんが、
シュメールの神様の中で、お酒を司る神様は主に女神です。
シリスニンカシの名前が見られます。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-12-29 13:48:34

龍と蛇(4)~疑問の決着

シリーズ化していた「龍と蛇」の記事をとりあえず今回で終了としたい。
「龍と蛇(1)~きっかけと竜」
「龍と蛇(2)~蛇の図象ウロボロス」
「龍と蛇(3)~蛇の図象カドゥケウス」
と書く内に、私自身の中で当初の疑問には決着がついた。
それでは結論をと言いたいところだが・・・

その前に、一部訂正及び追記をしたい。
「龍と蛇(3)~蛇の図象カドゥケウス」の記事内で
クンダリーニ(炎の蛇)に触れた際、
”決して、2匹が絡み合ってはいない。”と記述したが、
これには、一部訂正をしなければならないようだ。

クンダリーニにおいて、七つのチャクラを通る3本。
スシュムナー・ナーディ
イダー・ナーディ
ピンガラ・ナーディ
という重要なプラーナ(気)の気道というものがあり、
中央を通るスシュムナー・ナーディを、
イダー・ナーディ及びピンガラ・ナーディがちょうど
2匹の蛇が絡み合うように通っているとのことで
中央を杖と見なせば
”カドゥケウス”と見なしても良いと言える。

管理者自身は、中央のスシュムナー・ナーディ1本の図象の
イメージが強く、炎の蛇がまっすぐに頭頂に向かって
上るイメージを持っていたため、
ご指摘を受け、あらためて確認させていただいた。

また、「龍と蛇(1)~きっかけと竜」において紹介した
「古代日本のルーツ 長江文明の謎 (プレイブックス・インテリジェンス) (新書)」
安田 喜憲 著作
を、読み終えた結果、
長江文明の流れをくむ雲南にあった
滇(てん)王国の出土品の中に
2本の蛇が絡み合う図象を持つものが多数あるそうだ。
残念ながら、写真や図がないので確認はできなかったのだが
東アジアにも、若干だが痕跡があるということだろう。

それでは、当初の疑問、即ち、
神話における「龍(竜)」と「蛇」は同様のモチーフであるのかないのか?
の私自身の結論に移ろう。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-11-06 23:00:50

龍と蛇(3)~蛇の図象カドゥケウス

記事「龍と蛇(1)~きっかけと竜」
記事「龍と蛇(2)~蛇の図象ウロボロス」
に続いて記事「龍と蛇(3)~蛇の図象カドゥケウス」をお送りしましょう。

 ”カドゥケウス(Caduceus)”とは、
 ”2匹の絡み合う蛇”の図象である。
 別名は”ケーリュケイオン(Kerykeion)
 前者はラテン語、後者はギリシャ語である。
 この名前が現れるのは、ギリシャ神話である。

 持ち主は、”ヘルメス神
 ゼウスとマイアの子。
 オリュンポス十二神の一柱。
 旅人、泥棒、商業、羊飼いの守護神。
 能弁、体育技能、眠り、夢の神。
 また、アポローンの竪琴の発明者。
 神々(主にゼウス)の伝令役。
 誕生してすぐに、赤ん坊にもかかわらず
 アポローンの牛を50頭も盗みだし
 談判に来たアポローンに対し、
 シラを切るばかりか、
 アポローンの持つ牛の権利と黄金の杖を
 自身で制作した竪琴と交換するという
 譲歩を引き出してしまった。

この杖は、富の象徴であり、商業における交渉を司るようだ。
ヘルメス神は知恵者として知られるのだが、
もっぱら、正当なといった感じよりも、
抜け目のないずる賢さと言った感じである。
もっとも、根は良いようで、義賊的な面が強い。
いずれにせよ、物事を好転させる機転のある人と言うことか。
この杖が商業の象徴、商人の知恵の象徴と言える。

ところで、ギリシャ神話には、もう1本蛇の巻き付く杖が登場する。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-11-05 22:40:40

龍と蛇(2)~蛇の図象ウロボロス

記事「龍と蛇(1)~きっかけと竜」の続きである。

世界の神話に登場する架空の動物””と
実在する動物””の神話上の区別はあるのか?
私自身は、同様のモチーフと捉え混同したように解釈していたのだが
歴然とした違いがあるのではないのか?
その疑問の整理をかねて、前回は””を取り上げた。

そして今回は”蛇(ヘビ)”である。
一口に””と言っても、分類は多岐にわたっているようだ。

爬虫類(厳密には爬虫綱<はちゅうこう>Reptilia)
 有鱗目(Squamata)
  ヘビ亜目(Serpentes)


上記のように分類され、さらに細かくいくつかに分類されている。

このサイトは神話に視点をおくのでこの程度でご勘弁いただき
さっそく、神話に現れる””達を見てみよう。

まず”ウロボロス”を提示するべきだろうか?
これは、世界の神話の多くが採用する表象図形
尾をくわえた蛇”のことである。

この”ウロボロスの輪”が意味するモノは
創造と破壊、つまり生と死の循環を現すようだ。
一部で”メビウスの輪”と関連づけされたりもするが、
これは、無関係だと思われる。
以降に例を挙げてみよう。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-11-04 14:54:47

龍と蛇(1)~きっかけと竜

世界の神話の多くに登場する””という架空の動物。
また、同じく””という実在の動物。
このサイトを開設するまで、私は、神話における””と””を
おおよそ同様のモチーフと捉えていた。

しかし、どうやらそうでもないようだ。

以下に紹介する長江文明の著作を読み終えて、
改めて、””と””について考えてみようと思った。

古代日本のルーツ 長江文明の謎 (プレイブックス・インテリジェンス)古代日本のルーツ 長江文明の謎 (プレイブックス・インテリジェンス)
安田 喜憲

青春出版社 2003-06
売り上げランキング : 72677
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まず、何故この本がきっかけとなったのかを簡単に説明。

この本は長江中・下流域における古代文明について書かれた著作である。
長江文明”と名付けられたこの古代文明は
稲作と漁(りょう)を中心とした森の中に生れた文明である。
これまで、古代文明発祥地はいずれも
”と””を主食とする民族により起こったとされる。
古い順に、メソポタミア文明エジプト文明インダス文明黄河文明である。
これらは、比較的簡単な畑作と牧畜(遊牧)により
食料を確保していた文明であり、気候帯は乾燥地域であったという。
つまり、森のない地域にある文明なのだ。

この”森のある文明”と”森のない文明”とを対比するひとつの考えが
神話の中心となる動物の対比であり、
(森あり)と(森なし)として現されている。
もっとも、この対比は主に長江文明黄河文明の対比となるのだが
著作を読んでいると、は別物なのか?
という漠然とした疑問が浮かび上がってきたのだ。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-11-03 22:36:04

太陽神あれこれ

最近神話から足が遠のきすぎだったので、
今回は神話回帰の記事を(笑)

そこで、太陽神について考えてみることに。
季節的にはどんどん日が短くなっていく今日この頃なわけだが
まぁ、いいか(笑)

世界中の主たる神話で太陽神が登場しないものは無きに等しい。
ただ、ここのところ無作為に色々な神話を眺めていたせいで
少し引っかかるモノが出てきた。

一口に太陽神と言っても
どうやらいくつかに分類できるようだ。
それは、
1.天体としての太陽そのものを神とするもの
2.太陽の運行を象徴とするもの
3.太陽の輝きを象徴とするもの

例えば、
エジプト神話の”アテン”なら1番。
ギリシャ神話の”アポローン”や”ヒューペリオン”なら2番の属性が強い。
日本神話における太陽神”天照大神”、彼女は3の属性が強そうだ。

多神教において複数の太陽神が存在する場合、
よくよく見てみると、上記のいずれかに分かれるか、
複数の属性を併せ持つ場合が見て取れる。
続きを読む »
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-11-02 23:21:35

 | HOME |   | ENTRANCE |  »

FC2Ad

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。