FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2008-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

古代北欧ゲルマン王国 ~ ゲルマンとケルト3

ゲルマンとケルトの第3回となる今回、
このシリーズを書くにあたり、
大前提をいくつか提示しておく必要性を感じましたので
それを整理してみようと思います。

このシリーズは北欧神話ケルト神話に登場する神々に
身体的な特徴が一致する者達がいること
この着眼点からスタートしました。

一番の始点となるのは
北欧神話の主神オーディン
ケルト神話の神々の敵となる巨人族フォモール族の王
邪眼のバロール
この二人の神が同一であるかもしれないと言うことでした。

実のところ、このオーディン=バロール
きちんとした説明なしに第1回目で紹介しました。
両者とも一つ目であると言うこと
神の一族の王であり、魔術に長けていると言うこと。
このような単純な一致から他の両神話に登場する神々や巨人にも
共通項がみられるのではないか?
そこからこのシリーズの空想の連鎖が始まるのです。

そして、第1回目にはオーディン=バロールとともに
ロキ=ルーを提示しましたが
この北欧神話最大のトリックスターロキ
ケルト神話の英雄神ルーの検証は
いくらか修正を加える必要がありそうです。

続く(随分と間は開いていますが)第2回では
このブログの閲覧者のかたからヒントを得て
テュール=ヌアザを提示しました。
両者ともに片腕を神話世界で失う神です。
詳しくは第2回をお読みいただくとして
ここで一つの矛盾が生じ、それを発想&空想により
回避することとなります。
生じた矛盾とは比較する神々の立ち位置の違いです。

北欧神話においてオーディンテュール
共にアサ神族に属する同族として描かれます。
対して、バロールヌアザ
かたや巨人族の王、かたや神々の王
全く相反する陣営の長なのです。

そしてこれを回避するための発想&空想が
古代北欧ゲルマン王国となるのです。
 
続きを読む »
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008-09-07 11:18:36

 | HOME |   | ENTRANCE | 

FC2Ad

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。