FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

ゾロアスター教(拝火教)の聖典アヴェスター

オリエント(中近東)の神話の知識を強化しようと、
色々と著作を探索したのだが
ゾロアスター教(拝火教)の聖典アヴェスターに関する完訳本が全くない。

二元論の代表的な思想にもかかわらず
日本人にとっては興味のない宗教なのだろうか?

私自身は特定の宗教に傾倒すると言うことが
これまで全くなかった。
ただし、知識としての興味は深く
キリスト教における、旧約聖書・新約聖書
イスラム教における、コーラン
などは一通り目を通しているし、
仏教は経典が多すぎるし、難解すぎて手がだせるような代物ではないが(苦笑)、
代わりに、その世界観を論ずる著作が数多い為
そのヒエラルキーぐらいは頭に入っている。

神話というのは、宗教と折り重なる場合があり
インドの神々の多くはヒンズー教の神々であり
仏教の神々(特に密教)はそれをルーツとしているし、
中国神話の神々は道教と密接にリンクする。
同様に、オリエント(中近東)メソポタミア地域における
ペルシャの神話にはゾロアスター教(拝火教)は欠かせないが
その教典であるアヴェスターの著作が論述書も含めて
あまりにもヒットしない(泣)。
ゾロアスター教(拝火教)の名前は知っていたが
その内容について私自身あまり縁がなかったとはいえ
光の善神アフラ・マズダーと闇の悪神アフリーマン(アーリマン)の
闘争の神話であることぐらいしか知識がない。

今回、「王書」と訳される
ペルシャの王統記、日本における「古事記」にあたる本を読んだが
前述の2神の名前こそ出てはくるが
世界そのものの創世神話は含まれておらず
わずかに、天使ソルーシュや霊鳥スィームルグ(セムルグ/シムルグ)の名が
見られるにとどまっている。
最も手に入れた著作の後書きからすると
全訳ではないと言うことだが
神話時代と英雄時代は完訳されているということなので
いずれにせよ、創世神話のようなものは含まれていないのだろう。
ただし、この「王書」に登場する王のうち
神話時代に登場する3人の王

ジャムシード王(治世700年)
ザッハーク王(治世1000年)
フェリドゥーン王(治世500年)

とありえない寿命を誇るので
神人と呼んでも良いわけだが
その位置づけは神を敬う立場であり
神々とは一線を画しているように思える。
唯一ザッハーク王だけは両肩に呪いの蛇を飼っており、
(両肩から蛇の頭が生えている)
異形の神と言えなくもないが・・・。

そのような理由から、
私としてはペルシャ神話の知識を
ゾロアスター教(拝火教)の聖典アヴェスターに見いだそうとしたのだが
その著作が恐ろしく少ない。

善神アフラ・マズダーの率いる天使や妖精に、
あるいは、悪神アフリーマンの率いる悪魔軍団に
名前が記された者たちはいないのだろうか?

3000年周期の思想があり
その時代時代の神々の逸話は記されていないのか?

訳本や論述本、ガイド本がないとなると
益々、知りたくなるのが人情。
どなたか、良書をご存じありませんかねぇ(泣)。

因みに、ジャムシードやザッハークの名前から
アルスラーン戦記を思い出した方もいるかもしれません。
アルスラーン戦記は、この「王書」が重要な素材になっているようですね。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-10-22 21:22:29

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

コメント

全集はやっかいですね(苦笑)

凶樹さん、いらっしゃいませ(笑)。

全集はやっかいなんですよね(苦笑)。
値段が高いのもそうですが、大抵大判であり、気軽に持ってあるけるものではないし、読むにもそれなりのスペースがないと落ち着いて読めない(苦笑)。

さらに、全巻揃えたいという欲が、どうしても出てくるので
手を出すなら、それなりの覚悟が・・・(爆)。

内容的に抜粋的なものや、編者が重要と考えるものしか入っていないならば、あまり役に立たなかったりしますし(苦笑)。

値段と内容の具合を見極めて考えなければいけないです。(笑)

世界聖典全集(全30巻)

こんにちは♪

ご存知かもしれませんが、
世界聖典全集刊行会「世界聖典全集」というのが存在しますね。
その中に、ある・・・?
内容まで詳しく掘り進んでませんが、憧れの全集の一つでもあります。
邦訳で探すとなると、後にも先にも、これしかなさそう?
しかし、一冊あたり、すごい高い。
英や独のあたりだったら、まだ何かあると思いました。
(アイスランド古文学全集とかもありますからね)
いっそ、現地の・・・そりゃ無謀ですね。m(_ _)m
そんな洋書(?)への憧れ、今回の空想モードでした(爆)

余談ですが。
チャーリーとチョコレート工場とか不思議の国のアリスとかポー「黒猫」なぞ洋書を取り寄せて、3ページしないうちに挫折。
チャレンジしたけど、砕け散りました。

mugiさん はじめまして!

mugiさん、いらっしゃいませ!
そして、はじめまして!(笑)

ゾロアスター教の関連書籍がこれほど少ないとは意外でした。
どおりで、私の目に止まらなかったわけです。
その名は残っているとはいえ、ほぼ滅びてしまった宗教ですので、仕方ない部分はあるのでしょうが
日本における研究者が少ないのでしょうか?

ゾロアスター教を奉じた国のひとつに高尚国(字があっているか微妙ですが)というのがあり、その国名が「玄奘西域記」に見られます。玄奘三蔵つまり西遊記の三蔵法師の写経の旅の正式の記録書ですが、高尚国の王は自らをゾロアスター教(拝火教)の滅びに立ち会う王と思っていたようです。
勃興する仏教や他の宗教を見るに、あらゆるものが生れ滅びるのが定めであると達観していたようです。
玄奘が出会ったこの王は、高尚国の最後の王となり、その宗教であるゾロアスター教(拝火教)とともに高尚国は滅びます。

もし、まだ「玄奘西域記」のこの件をご一読なさっていないならば、新たな知識となさってくださいませ。

ご紹介いただいた書籍は、探索時に見た記憶があります。
在庫があったかどうか微妙ではありますが、再度サーチしてみます。
それと、そちらのブログに紹介されていた青木氏?の著作も気になります。機会があれば読んでみたいものと考えています。

トラバについては、fc2ブログのユーザーの場合簡単なのですが、それ以外の場合はトラバURLをコピペして、mugiさんの場合はgooブログのルールに従ってトラックバックしないといけないかもしれません。

記事に関するトラバは歓迎しますので、再度チャレンジしてみてください。ただ、反映されるまでに時間がかかるようなのと、トラバに関してはスパム対策で即時有効にはならない設定になってます。こちらで、内容を確認後、承認許可を出してはじめて表示されます。
それと貼っていただいたURLは、コメント欄ではリンクとして生きないようです。
何か設定があるかもしれません(当方で)
試しに、リンクタグ付きで下に再び入れてみますが
これも、そのままかもしれません(苦笑)

<a href="http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/ba76194491e94334696e07bd1933cef9" target="_blank">

初めまして

初めまして、こんばんは。

実は私もマイナーなゾロアスター教に関心を持っています。
アヴェスターの部分訳ならありますが、この聖典自体四分の三が失われた有様ですね。
私の持っている『ゾロアスター教-神々への賛歌』(岡田明憲著、平河出版社)という本は、部分訳ですが、もしかすると絶版状態かもしれない。

最近、ゾロアスター教に関する本を読みました。TBがうまくいかなかったので、直接リンクを張るのをお許し下さい。
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/ba76194491e94334696e07bd1933cef9

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/tb.php/11-9459b739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

RSS表示パーツ

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。