FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

酒は飲んでも飲まれるな!(笑)~神と酒(2)

前記事:酒は飲んでも飲まれるな!(笑)~神と酒(1)
で予告しましたとおり、今回は日本の酒神をご紹介しましょう。

日本には、”日本三大酒神”と呼ばれる神社があります。

梅宮大社(京都府/京都市/右京区)
<梅宮大社の御祭神>
・酒解神(さけとけのかみ)
・酒解子神(さけとけこのかみ)
・大若子神(おおわくこのかみ)
・小若子神(こわくこのかみ)
松尾大社(京都府/京都市/西京区)
<松尾大社の御祭神>
・大山咋神(おおやまぐいのかみ)
・中津島姫命(なかつしまひめのみこと)
大神神社(奈良県/桜井市/三輪)
<大神神社の御祭神>
・大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
・大己貴神(おおなむちのかみ)
・少彦名神(すくなひこなのかみ)

いやぁ~沢山いらっしゃいますね~(笑)
この神様達ですが、ほとんど全て別々の神様です。

順にご紹介いたしましょう。
<梅宮大社御祭神>

酒解神(さけとけのかみ)
別名を大山祗神(おおやまずみのかみ)
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)の父神。
農業山林鉱産の守護神、航海の神

酒解子神(さけとけこのかみ)
別名を木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
瓊ヶ杵尊(ニニギノミコト)の皇后
大山祗神(おおやまずみのかみ)の娘神
子孫繁栄・授子安産の守護神

大若子神(おおわくこのかみ)
別名を瓊ヶ杵尊(ニニギノミコト)
皇祖天照大神(アマテラスオオミカミ)の御孫
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)の夫神
日本国土開発の立役者。国譲りをされた天孫。

小若子神(こわくこのかみ)
別名を彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)
瓊ヶ杵尊(ニニギノミコト)/木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)の子神
神武天皇の祖父神
日本国土開発の大業を引き継いだ神。

<松尾大社の御祭神>

大山咋神(おおやまぐいのかみ)
別名を山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)
大年神(おおとしのかみ)の子神
素戔嗚尊(すさのおのみこと)の孫神
大山の所有者。日枝神社の山王のひとり。

中津島姫命(なかつしまひめのみこと)
別名を市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)/狭依毘売(さよりびめ)
素戔嗚尊(すさのおのみこと)から化生した女神
宗像三女神/多紀理毘売命(たきりびめのみこと)の姉妹神
宗像三女神/多岐都比売命(たぎつひめのみこと)の姉妹神
宗像三女神の1柱。
航海、水、海の守護神。仏教における弁財天。

<大神神社の御祭神>

大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
別名を大国主神(おおくにぬしのかみ)/三輪明神(みわみょうじん)
ただし、同一視されてはいるものの
大国主神(おおくにぬしのかみ)の国作りの協力者
少彦名神(すくなひこなのかみ)の死後
海のはてより現れたとする神
蛇神、水神または雷神。稲作豊穣、疫病除けの神
国の守護神であり、祟りなす強力な神

大己貴神(おおなむちのかみ)
別名を大国主神(おおくにぬしのかみ)/大穴牟遅神(おおなむじのかみ)
/大穴持命(おほなむちのみこと)
大穴牟遅神(おおなむじのかみ)/大穴持命(おほなむちのみこと)
/大己貴神(おおなむちのかみ)はいずれも
大国主神(おおくにぬしのかみ)の幼名と言われている。
素盞嗚尊(すさのおのみこと)の子神あるいは、6世の孫神、7世の孫神
国土を天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に譲った日本国の旧支配者。

少彦名神(すくなひこなのかみ)
神皇産霊神(かみむすびのかみ)の子神、あるいは
高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の子神
大国主神(おおくにぬしのかみ)の国作りを助けた神
知恵の神、医薬・禁厭などの法を定めた神、方術師。
一寸法師の元型。

う~ん、長くなったなぁ~(苦笑)。
書くのも疲れてきたし・・・・・・・。

次回に回すのにキーワードになりそうなものを
いくつか挙げておきましょう。

今回列挙した神様達の中で
酒の醸造に直接繋がりのある神様は、
実は皆、海の向こうから訪れる客人(まろうど)神なんです。
日本酒というのは、基本的に米が原料です。
と言うことは、稲作が無ければその技術も意味をなしません。
また、これらの神社と深い繋がりを持つ古代氏族は
橘氏、秦氏、三輪氏の三氏族。
橘氏は葛城王、秦氏は謎多き渡来氏族、三輪氏は三輪王朝の末裔。

日本人に酒を飲める遺伝子を持つ人と
持たない人がいるという事実からすると
飲酒の文化を持ち込んだのは、
稲作文化を持つ渡来人という可能性が高い。

次回は、そのあたりまで掘り下げてみたいと思います。
まとまるかどうかが心配ですけどねぇ~(爆)
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-12-30 16:37:12

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

コメント

四行詩から

凶樹さん、いらっしゃいませ!(笑)

活字酩酊とは粋な表現ですね(爆)。

神よ、そなたは我が酒杯を砕き、
愉しみの扉を閉ざして、
紅の酒を血にこぼした、
酔っているのか、おお神よ。

右手に教典、左手に酒杯、
ときには如法、ときには不如法、
我らは紺碧の大空のもと、
まったくの異教徒でなし、回教徒でなし。

ここから、ロマン派ボードレールへ
さらにアラン・ポーへ詩篇の旅に行かれたのかな?
(笑)

ゲコゲコ(蛙?)

パート1 を読んで。なぜかルバイヤートとボードレールとポーを読み始めてしまいました(笑)
活字めーてー。

興味深い内容に
次回が楽しみですわ~\(^ワ^*)

ではでは。
来年もよろしく
お願いいたします♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/tb.php/36-34254304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

RSS表示パーツ

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。