FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

アフリカ神話への入り口(2)

昨日に引き続き、”アフリカ神話への入り口”と題して
第2回をお送りします。第1回←はこちら。

前回、アフリカ神話(単行本) ジェフリー・パリンダー著作を元に
アフリカ神話に登場する共通項を2つ。
”至高神(絶対神/創造主)””永遠の蛇(へび)”
を簡単に紹介しました。

続いては、各部族の”始祖神話”があります。
これが、また、空想心をくすぐる事くすぐる事(笑)。
ちょっと書くと、

 1.葦(あし)の中から生れた
 2.地中の穴から表に出てきた
 3.天国で作られ、地上に送られた
 4.神の国に住んでいたが、果物を食べ、病気になり追放された
 5.牝牛とともに神の国から降りてきた男と天国の王の娘
 6.二人の男と一人の女と、後に命を吹き込まれる木彫りの女の像

ここに挙げた例は、
どれも他の神話で聞いた事がある、あるいは連想できるものなんです。

特にについては、
それって、キリスト教の”アダムとイブ”じゃないの?
と思う人が多数でしょう。
しかし、この話を伝えているのが
キリスト教と無縁の部族と聞くとゾクゾクしませんか?

まぁ、謎解きは後回しにして、
この他にも”始祖神話”がいくつかあります。
私は、すぐに、あっ!!と気付く事ができない話でしたが
もしかしたら、それらも読む人によっては
あの神話じゃないか?あの民話かも?
なんて事になるかもしれませんが
私の知識では記事にできないので
勝手ながら割愛しちゃいます(爆)

でもって、次に進むと、
”神と呼ばれるものよりも信仰される精霊”がいます。
精霊の中で最も重要視されるのが
”嵐(あらし)の精霊”です。
当然荒ぶる者なんですが、
アフリカ大陸は熱帯雨林地域にしろ、
乾燥地域にしろ、山岳地域にしろ、
共通に”雨(あめ)”が重要です。
良きにつけ、悪しきにつけ、
生活に密着しているわけですから当然ですね(笑)。

彼らの持ち物は、ほぼ共通で”斧(おの)”を持っています。
これって、”雷(かみなり)”の事なんです。
”嵐の精霊”が持つものですから、これも当然ですね。
また、”雷(かみなり)”
”鳥(とり)”であるという話も伝わります。
”雷(かみなり)が斧(おの)””雷(かみなり)は鳥(とり)”
というこの2点も、他の神話と連動しますよね(笑)。
あれとあれ、それもそうです(爆)。

そして、”嵐の精霊を制御する者”/”雨を呼ぶ呪術者”がいます。
”レインメーカー”です。
この力は強大で、部族同士の衝突を勝利に導いたり、
和平をもたらしたりと、大きな影響力があります。

アフリカにおいて、呪術と魔術ははっきり分かれているようで
呪術は良い魔法で、魔術は悪い魔法のようです。
そんなわけで、医療などの魔法は呪術。
呪いや死の魔法は、魔術になるようです。
特に、魔女は恐れられ嫌われていたみたいですね。
だって、魔術を使う女ですからね。
と言うことは、魔女と巫女の区分けが
はっきりしていると言うことでもありますね。

さらに、”大地の精霊”がいます。
これ、ほとんど女性系のようです。
大抵は、神(創造主)やそれにつぐ大神と結婚します。
つまり、空と大地の結合という考え方です。
またしても、閃きがよぎりますねぇ(苦笑)。

でもって、最後に沢山の昆虫や動物に関するお話があります。
多く見られるのは、蜘蛛(くも)、野ウサギ、亀(かめ)、カメレオン
当然、豹(ひょう)ライオンハイエナなんかも登場しますし、
昆虫では、蟻(あり)蜂(はち)なんかも出てきます。

今回は、思わせぶりなまま終了です(爆)。
さてさて、アフリカ神話が先なのか
他の神話達が先なのか。
それを考えるだけでも面白そうですよね(笑)。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008-01-08 00:27:04

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

コメント

サハラ砂漠か?

凶樹さん、いらっしゃいませ!(笑)

骨!?ですか(爆)。

鼻に刺してる骨とか?

アフリカを南北に分けるサハラ砂漠のイメージとか?

そんな感じかなぁ~(爆)

アフリカといえば

コンバンハ。
また横から
(苦笑)いただくような
コメントで
申し訳ないんですが

骨!

問題は神話的に
なぜに「骨」を
連想しちゃうのか
自分でもわからん
ところです

ある意味
最大の謎(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

入力ミスしてた( ̄□ ̄;)!!

ベルベルだって~の~( ̄□ ̄;)!!

気を取り直して、
今日は疲れたので記事かきませんが、
今部族ごとに、伝わる話を整理してます。
それから、有名どころと比較したり、
マイナーな民話とリンクさせたり、
してみたいと思ってます。

陸続きの時代があった可能性はありますね。
最終氷期の頃はかなり広い範囲が陸地でしたし、
その後のヤンガードリアスも可能性ありですしね。

一度、陸伝いにインドあたりまで行った後、
再びオリエント地域に戻る事も考えられます。

地球環境史を探ってみましょうか(^^)v

さすがですね

こんばんは、さすが、かしりょうさん、よくご存知で(笑)

でも、私芸能界音痴で沢崎えりかさんって知らないんですけど。。。^^;

ベルベル人も北アフリカ地域の出自ですよね。それより前はもっと南だったようですが。。。
かの民族に関心を持ったのは、彼らが古代の秘教と深い関係にあったと思われるからなんですが、根拠無しの憶測として、ケルト文化とも深い関係があったように思えるのですけど。。。

でもアフリカ神話のモチーフ、面白いですね。。。ある意味当然といえば当然ですけど、神話の歴史を追いかけるとアフリカ⇒メソポタミア⇒エジプト⇒小アジア及びヨーロッパという経路を辿りますよね。

この経路と、以前私のブログでも少し書きましたけど、氷河末期の海面上昇が起こる前は、紅海は無くてアフリカ大陸とユーラシア大陸が陸続きだった可能性が高いと思っているんです。
するとメソポタミアでシュメールなどの文化が花開いたのは、アフリカの南部で人類が発生したために大陸の南端沿いに東に広まっていたのではないかと。。。そう想像できます。

私の妄想が的を得ていればですが、すると南アフリカの神話が一番原点になるんじゃないかと。。。

なにか、面白そうな神話ってありますか?
是非、ご紹介下さい。

それが狙いです(爆)

やわたうまさん、いらっしゃいませ(笑)。

あまり、完結させるとコメントできないという事でしたので
投げっぱなしジャーマンにしてみました(爆)。
でも、投げすぎですね(苦笑)。

バルバル人ですか?
元フランスサッカー代表ジダンがそうですね。
お騒がせ女優沢尻えりかの母親もそうらしいです。
あのあたりは、カルタゴの領地で
ローマ帝国の範疇。
時代が下ると、アルジェ海賊の本拠地。
バルバロッサ・ハイレディンはバルバル人なのかなぁ?
いずれにせよ、古い民族ですよね。

ご馳走を前に取り上げられた気分!(爆)

かしりょうさん、こんばんは(笑)

 ご依頼のものを書いて一区切りついたので、寝ようかと思いましたのに。。。
 安眠妨害ですぞ!(爆)

 是非責任を取っていただきたく、早めにスッキリさせて下さい!(笑)

 神話とはあまり関係無いのですけど、最近ベルベル人の事がいたく気になっていまして^^;
 それに牛とか亀とか。。。

 ついでに羊も数えないと。。。o(__)o......zzzzzzzz(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/tb.php/42-78e661de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

RSS表示パーツ

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。