FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

アステカ・マヤの神話~日本との繋がり

下に紹介する著作を読み終えて記事を書く事にする。

アステカ・マヤの神話アステカ・マヤの神話
カール タウベ Karl Taube 藤田 美砂子

丸善 1996-03
売り上げランキング : 155800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このブログを開設するにあたり、
改めて、知識の補充を試みるために
インカ・アステカ・マヤの神話についての著作を3冊購入した。
そのうちのひとつがこの本だ。

中南米、現在のグアテマラ・メキシコのあたりに栄えた
アステカ文明・マヤ文明の神話についての著作だ。
この本、読んでみると神話そのものについて詳細に書かれているわけではない。
しかしながら、空想の種にするには充分な内容を示唆してくれた。
特にひっかかっているのが・・・・

アステカの月
マヤの数字
空想を始める前に少しだけ二つの神話について書こう。

アステカ神話を代表する神と言えば
なんといってもこの2柱の神々。
ケツァルコアトル(翼持つ蛇神)、テスカトリポカ(闇の魔神)
この2柱の神々はインカ神話においてもほぼ同様の名で登場する。
だが、性格や役割については
インカのそれとは異にするところが結構ある。
それともう1柱。
ウィツィロポチトリ(新太陽神)。
これはアステカ帝国の支配の正当性を示す為に
新たに誕生した強力な神のようだ。
他にもトラロック(雨と稲妻の神)、シウテクトリ(トルコ石の神・火の神)など
多彩な神々が並ぶ。

マヤ神話における代表と言えば
フン・フンアフプ(トウモロコシ神)
フンアフプとシュバランケ(双子の英雄神)
グクマッツ(緑と青に輝く羽毛の蛇)
このグクマッツは前述のケツァルコアトルと同一神と言われている。

二つの神話において共通なものは
人身供犠(生け贄の儀式)とトウモロコシ。
複雑で高度な暦法。
創造性豊かなデザイン。
といったところか。

さて、アステカの月とマヤの数字である。

アステカの月にはウサギがいるそうだ(苦笑)。
日本から見る月の影が”ウサギの餅つき”というのは
日本人なら誰でも知っている。
月の影は見る緯度・経度によって微妙に変化するので
アステカ、つまり中南米のあたりから見た月の影が
日本から見たモノと同じとは思えない。
ただ、中南米から見える月というのを見たことがない私としては
一度見てみたいと思わざるをえない(爆)。
何故、ウサギなんだろうか?
月とウサギというのは
日本で言われている月の影という意味合い以外に
隠された古代の共通認識とも言える隠された意味があるのだろうか?
あるいは、日本民族と中南米の民族のルーツに共通点があるのだろうか?
アステカの民は、あの地域では新参だという。
では、その先住民は日本と同一の思想・文明から発する民族だったのだろか?

次にマヤの数字である。
神話で重要な役割を担う神々の名前には
数字が付与されている。
トウモロコシ神:フン・フンアフプの名は
”1のフンアフプ”という意味だそうだ。
彼は双子で、片割れをヴクブ・フンアフプ、
これは”7のフンアフプ”という意味だ。
双子の神の名が
1と7と言うのは疑問符がでないだろうか?
また、この二つの数字は
マヤ神話において他の神や怪物の名に度々付与されて登場するようだ。
実は、古代日本においての最高数は8だった形跡がある。
日本の神々を八百万の神々というが
ここで使われている八百万とは800万という意味ではなく
ものすごく数が多いと言う意味だ。
1と7はこの意味から言えば
二つを合わせて8だから
この双子神が最高の組み合わせと読み解ける。
また、1は物事の変化の始まりを表わし
7は物事の変化の終わりを意味する。
そして8は変化が終わり安定した状態なのだ。
つまり、この双子神の名が現すモノは
日本的に解釈すると、創造と完成を司り、
二人が揃うことで普遍を意味するのである。
う~ん、考えすぎだろうか?(苦笑)

残り2冊が明日、明後日には手元に届くだろう。
さらなる空想の発展に光が差すと良いのだが(笑)。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-10-12 21:42:26

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/tb.php/5-d5600c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

RSS表示パーツ

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。