FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

インカ帝国とアステカの混同?~管理者も誤解?

記事「アステカ・マヤの神話~日本との繋がり」において
アステカ・マヤ・インカそれぞれの神話に関する3冊を購入したと書いた。
前述の記事で紹介した著作以外の2冊も無事に手元に届いた。
そのひとつが下に紹介するインカ帝国の神話についての著作である。

インカの神話 (丸善ブックス)インカの神話 (丸善ブックス)
ゲイリー アートン Gary Urton 佐々木 千恵

丸善 2002-11
売り上げランキング : 266270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本を読み終えて
私自身、あれあれ?っと困惑した事がある。
それは、アステカにおける2柱の重要な神々
ケツァルコアトル(翼持つ蛇神)とテスカトリポカ(闇の魔神)の2神。
私はこの2神がインカ神話にも登場すると書いた。
しかして・・・・・
今回読み終えたこの著作には全く影も形もない。
あれあれ?何故に?

私自身記憶の混同があったとも言えるが
実はもっと理由がある。
それは、最近立て続けに放送された
インカ帝国と黄金文明に関する番組である。
この二つの番組においてどちらも同じくあることが語られた。
それはインカ帝国最後の時の話だが
インカ帝国もアステカ・マヤ両文明と同じく
スペインによって従属・支配されたわけだが
前述の両文明を遙かに凌ぐ大帝国でもあり、
わずかなスペインの略奪者集団にあっさりと敗北し、
皇帝が捕らわれ人質となり、
多数の黄金製品を奪われたあげく
絞首刑にされてしまった。

そこで、両番組ともある説、というより噂の域を出ないような話を紹介した。
それは、一の葦の年に再び戻り国を平安へと導くと言った
ケツァルコアトル神が白き神(白き人)と言い伝えられていたため
白人であるスペインの略奪者達を
ケツァルコアトル神の再来だと勘違いしたからだという話だ。

この話は以前にも管理者自身聞いた事があり
繰り返し言われて来た話だと思うのだが
よくよく考えると、これはかなりおかしい。

まず、ケツァルコアトル神はアステカの神だ。
そして、一の葦の年という表現はマヤの暦法によるものだろう。

地理的に近いアステカとマヤにおいては
一部の神話が混ざっていてもおかしくはないし、
同じような暦法を使っていたのも間違いではないのだが
それが、遠く離れたインカ帝国にまで伝わっていたのか?
広大な領地を誇るインカ帝国の南の端は
確かにアステカ・マヤの両文明とかなり近い所にはある。
しかし、今回購入したインカ神話の著作によれば
インカ帝国がその権威を正当化するために整合性をとった
インカ独特の神話体系が
インカ帝国の礎となっていたことは間違いなさそうである。

とすると、多文明の神話に登場する神の話を知っていたとしても
自らの文明の起源神話の神をないがしろにしてまで
危急存亡の時に混同したりするだろうか?
普通、ありえないだろう。

さて、このまことしやかに流布される
インカ帝国崩壊にまつわる
アステカのケツァルコアトル神とマヤの暦法の話は
一体いつ頃から囁かれているのだろうか?

それとも、今回購入したインカ神話の著作が
ただ単にケツァルコアトル神やテスカトリポカ神の神話を
無視しているだけなのか?

他の記憶ではインカ帝国において
人身供犠(いけにえの儀式)をやめるように言ったのが
ケツァルコアトル神だと言う話を聞いた事がある。

う~ん、インカ神話の別の著作を探さなければいけないなぁ(苦笑)。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:神話 - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-10-16 00:35:58

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

コメント

時間のある時に(笑)

やわたうまさん、いらっしゃいませ(苦笑)。

時間の取れるときにまとめてでもいいですよ(爆)。
ブログだからと言って、オンタイムじゃなければいけないわけじゃないですし、
過去記事でも、気にしないでいいですから(笑)。
今は開設したばかりなので
少しペースが速いですが
徐々に落ちていくと思いますしね。

気にせず、ゆっくり
気になる記事それぞれにコメいれていってくださいね(笑)。

追いつけないですぅ~^^;

かし りょうさん、こんばんは。

 ようやく辿り着きました。。。なのにこんな時間。もう寝ないと。。。^^;

 ケルトも、月の話も、マヤ・アステカの話も。。。くぅ~(泣)

 泣きながら寝ます。。。(爆)
 時間が欲しい~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/tb.php/7-faaeded1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TB No.1 : マヤに統一国家が存在しなかった理由~逆の理由から検証してみる

TB記事の書き出し・・・
前回(リンク)マヤにおいて2000年もの間統一国家が発生しなかった原因と思われ...

FC2Ad

RSS表示パーツ

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。