FC2ブログ

大樹の下で

神話・古史・古伝・民間伝承に関わる、自由な空想を不定期に更新しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:--:--

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

ハロウィンとケルトの祭りサワーン~日本に繋がる風習

数少ない常連さん「凶樹さん」より示唆を受け、
今回は「ハロウィン(Halloween)」を取り上げてみましょう。

10月31日の夜がハロウィンです。
これの起源とされているのが、ケルトの祭礼
サワーン(Samhain){サウィーン、ソーウィン}

ケルト歴の11月1日(ケルトの日付変更は日没なので、10月31日の夜からになる)は
新年にあたるようで、この日、死者と生者の境界がなくなり
亡くなった先祖の霊が家に戻ってくる日とされていました。
日本のお盆みたいです(苦笑)。

ただし、戻ってくるのは良い霊ばかりでなく
悪い霊も押し寄せるため、人々は火を焚いて注意をそらせようとしたそうです。

霊と表現しましたが、古くはシー(妖精)が現れるとも言われていたようで
特に女性のシー(バンシー)は、人の死を告げると言われ恐れられたようです。

ケルトにおける指導階級であるドルイド僧(樫{楢}の賢者)の仕切りで
大きな火を焚いて、牛を生け贄として捧げ、
清められたその聖火を、各家庭に持ち帰り、新しく竈(かまど)の火を付けたようです。

さて、現在のハロウィンとは随分と趣(おもむき)が違いますね(苦笑)。
ハロウィンと言えばカボチャのランタンがつきものですが、
これも、元々はカボチャではなく、蕪(カブ)だったそうです。
アメリカに移住したアイルランド系移民が、
カブの代わりにカボチャを使ったのが定着したんだそうです。

このカボチャのランタンには目鼻(明かり取り)がつきますが、
これには名前があって、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれます。
ある乱暴者ジャック(一般的な男の名前)と悪魔の逸話が元になってますが
実は、この逸話も起源がさらにあって
大元は、「ウィル・オー・ウィスプ」と言います。
こちらの逸話では、ジャックではなくウィルという名前の人が主人公です。
これは、一種の鬼火・狐火・人魂です。

ただし、この「ジャック・オー・ランタン」「ウィル・オー・ウィスプ」の逸話は
共に、ケルト民族がドルイド教からキリスト教に改宗してからのお話のようで
ケルトの神話とは関わりは薄いようですね。

さてさて、ここで少し話を戻します。

このハロウィンの起源となったサワーンの祭礼。
この日は異世界と現世界が交わる時で
シー(妖精)が跳梁跋扈する日なわけですが、
このシーとは、元を正せば、トゥアハ・デ・ダナーン(女神ダヌの一族)の神々。
ケルト神話の神々だというのに、
悪霊のように扱われているのは何故なんでしょうか?

これは、キリスト教への改宗が関わっているのでしょうね。
ケルトの宗教はドルイド教と言われ
祭司であり僧侶であり指導者であったドルイド僧が教義の根本であり、
彼らは、神々と交信し、精霊を操り、魔術を行使する者だったわけですから
キリスト教から見れば、悪魔の代名詞みたいなものです(爆)。

また、キリスト教における神はただ一人(一人という表現は適切ではないですが)
改宗させられた民族の神々は全て、悪魔となりますので
ケルトの神々であった妖精シーは、この時悪魔にされてしまうのですね。

おそらくですが、本来のサワーンの祭礼は
自然界の精霊や神々であった妖精シーへの感謝と慰めの儀式であって
畏れ(おそれ)はあっても、恐れはなかったと思われます。
一年の終わりと始まりを祝い
去る年の恵みに感謝し、罪汚れの浄化を願い、来る年の恵みを願う。
それが、本来のお祭りだったのではないでしょうか。

ここまで書いて思いますが、
ケルトの風習には日本の風習に酷似した思想が多く見受けられます。
日本における、魂鎮めの思想がサワーンの本来の姿のように思うのです。

余談ではありますが、
ケルトの風習には「首狩り」があったそうです。
ケルトの戦士達は、戦いに勝利すると、
相手の首を切り戦利品としました。
これって、武士と同じですよね?
戦国時代までの戦いでは、首級を挙げるのが
恩賞を獲るための証明とされました。
ケルトの戦士と全く同じです。

ケルトと日本
この二つの民族に古い古い繋がりがあるように思えてしょうがなくなります。
ケルトの神々(トゥアハ・デ・ダナーン)が自らの覇権を放棄してしまう事も
まるで、国津神が天津神に国を譲った話とダブります。

日本神話とケルト神話の対比を今度試みてみようかと思います(苦笑)。

しかし、最後は全くハロウィンと関係なくなってしまいましたね~(爆)。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking 人気blogランキングへ ブログランキングくつろぐ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

テーマ:お祭り! - ジャンル:学問・文化・芸術

2007-10-18 20:39:35

次記事へ移動する «  | HOME |   | ENTRANCE |  » 前記事へ移動する

コメント

いらっしゃいませ!

WildChildさん!いらっしゃいませ!(笑)。

ドルイド達が暦法に通じていたと言うことは
天文の知識があったのは当然でしょうね。
ドルイドの暦法は、木との繋がりの方が大きいですけどね。

エンヤやクラナドの音楽は、
私も癒し音楽です。
特に、クラナドのゲール語の歌詞の曲が好きなんです。
エンヤはファーストしか聞いていないですが、
彼女もゲール語で歌ってましたっけ?
ゲール語の響きは何故か懐かしさを覚えてしまうんですよ(苦笑)。

エンヤの影響でケルトに興味を持ちました。

私がケルトを意識したきっかけはエンヤでした。
彼女の曲はどれを聴いても癒されるのではまってしまいます。
実はエンヤの公式サイトの生年月日が取材記事とつじつまが合わないために、どうもこれは暦が違うのではないかと思い、その情報を発信しました。
クラナドはエンヤの家族のバンドですね。私も知っています。
エンヤも一時期は入っていたのですが、窮屈な思いをしてわずか2年で脱退して、ソロ活動をするようになったのです。

確かに、ケルト神話には星座に関する記述は見られないですね。
でも、ドルイドは天文学にも詳しいので、星座の動きを季節の目印にしていたものだと思いますよ。

ケルト好きでしょうか?(笑)

WildChildさん、はじめまして!(笑)。

ケルトの暦法は太陰太陽暦で月齢を中心とした暦ですね。
古くは太陰暦だったと思われます。
月を中心とした日付変更ですから、当然夜が一日の区切りとなります。
正確には日没が区切りですね。

まぁ、小難しい話はこれくらいで
ケルト音楽がお好きなんですか?
それとも、エンヤだけでしょうか?

私はクラナドというグループのファンなんですよ(笑)。
ご存じかもしれませんが、クラナドの女性ボーカルは
モイヤ・ブレナンという人で、エンヤのお姉さんです。

クラナドをまだ聞いたことがなければ
一度聞いてみてくださいね!

では、またお越しくださいませ!

Halloween

ケルト人は夜を基準に日数を決めているといいます。
月の満ち欠けで1月を決めて、星座の動きで季節を決めていると見られます。
ところで、ハロウィンは立冬に近い時期だと思いませんか。
季節の4大祭りは日本で言う立冬、立春、立夏、立秋に当たるものです。
Enyaの"The Celts"というアルバムに"Aldebaran"という曲があります。
この曲は、サウィンの宵に昇ってきたアルデバランに向かって旅を続けよう、という内容を歌っています。
アルデバランは2000年以上前のラ・テーヌ期には丁度サウィンの日没と同時に昇ってきたために特別な意味を持っていたのであろう。

嬉しい限りです!

凶樹さん、いらっしゃいませ!

もう、ターボだろうがニトロだろうがジェットだろうが搭載しちゃってくださいませ(爆)。

ご挨拶記事に書きましたが、
このサイトを通して空想の種をちりばめること(まき散らす?)が出来れば、これはもう無情の喜びです(笑)。

また、私が持ち得ない知識を持った方々が多く訪れてくれることが
私にとっても愉しみですから。

そのうち、エジプト神話にも手を出しますので、お待ちくださいね(笑)

いやはや

とりとめもなく書いてしまいましたのに、ありがとうございます。

祝祭日の話になると、ラテン・ヘブライ・ギリシャ・ローマが複雑に絡んでくるので、頭の中がパンク寸前になりそうです。
昨夜、パンクしてました。
っと、ちゃんとまとめとけ!って話になりますね(爆)

うちの空想(妄想?)は、どーも、内面小宇宙方面へ向かうような、向かわないような・・・(笑)

この場所のおかげで、空想の旅の翼が着実に増えます!
そのうち、ターボエンジン搭載するんじゃないかってくらい(笑)
↑や り す ぎ↑

すいません。はしゃぎすぎました(汗)
また、すっとこどっこいなおしゃべりしにきますね。
m(_ _)m

ユングまではちょっと(苦笑)

凶樹さん、いらっしゃいませ(笑)。

比較的さらっと流せるように記事を書きました。
凶樹さんが補足してくださった万聖節(諸聖人の日)の件は別記事にしようかと思っていましたが、いらないかなぁ(爆)。
本来この諸聖人の日は別の日付に行われていたようですね。
609年5月13日教皇ボニファシウス4世が、古代ローマにおけるラミュレスの祭日(死者を慰める日)を諸聖人の日と改めたという話もあり、そういう記述もあるようです。
これを11月1日に変更したのが、教皇グレゴリウス3世(8世紀頃)。
この流れだけを見ると、ケルトのサワーンが起源とは言い切れない。
どちらかと言えば、改宗政策の一環として、サワーンの祭礼の日が、諸聖人の日と一致していたので、時の聖職者達が利用したという見方の方が適切なんじゃないかと思います。
ローマのラミュレスもケルトのサワーンも、魂鎮めの儀式ですから、日付は違うものの、同じ意味合いを持っています。

同様の神話的モチーフがある事は多くの研究者が指摘するところではありますが、これを単なるモチーフとするのはどうなのかなぁ?と思うんです。

神話には必ず史実が隠れている。

そう思っているので、精神面(メンタリティ)における人間の思考の同一性の面からではなく、まずひとつの事実・真実が歴史にあり、実際に体験した人々が伝えた話が、今風に言うと”都市伝説”となり、各々の民族の慣習と結びつき、”神話”という壮大な物語へと昇華していったのではないでしょうか。

空想は本当に果てしなくです(笑)

ありがとです~(^-^)/

何だか立派な記事になりまして、感激しております(^0^)ノ
ハロウィーンという単語もまた、不思議な単語で。
古くは、オール・ハロウズ・デーと呼ばれておったそうで。
11月1日は、万聖節(オールセインツデー)として、全聖人が等しく祝福を受ける祝日なんですけれども。
ハロウ(ゲルマン起源)で、セインツ(ラテン起源)で。
無茶なオマツリだと思います(笑)
古代より、一日というものは日没より始まるとされますね。
万聖節前夜とか万聖節先宵なんて表現もありますが、オールハロウズイーヴンが、略されて、遂にはハロウィーンになっちゃった(笑)
ここにいたるまで、ペルシア方面やらローマ時代やら、いっぱい関連してくるので、深く掘り進むと厄介な分野でもあります。
(神話における善悪云々の話になっちゃうよ~♪)

サワーンの祭礼等、収穫祭的要素のお祭りだったと思います。いや、時代を経て、そうなったのかな?11月1日は、一年の初めの日とされ、冬の食料の確保を喜び、神に感謝する祭だったらいいなぁ・・・と。
古き良き祝祭日という楽しい伝統も、改宗側にとってはなかなか難しかったんだろうなぁと思います。
その習慣だけを引き継ぎ、全聖人の日とした・・・?
そして、ケルトに対する改宗側の偏見や歪曲が、その夜の物語(ジャックのランタンとか)として語られる・・・?
そうした意味で、悪魔崇拝とみなされた「五月一日の祝祭日」もまた、忘れちゃならぬ話題ですね。
(あぁ、ケルトから離れてゆく)

なんだか、まとまりなく書いてしまいました(苦笑)

神話的モチーフやイメージには一定のパターンがありますね。
世界各国に似たような内容が多いのも不思議ですね。
そこらを掘ってゆくと、ユングとか出てきちゃうので。
空想の旅は、果てしなく続きますよ(^-^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/tb.php/8-26f89994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

RSS表示パーツ

ブログメニュー 

translate this blog into

サイト内全記事表示

過去の全記事一覧を表示

サイト内キーワード検索

アンケート実施中!

好きな神話のアンケート実施中です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

  • 趣味占放談
  • 光のシェラザード
  • 縄文と古代文明を探求しよう!
  • トーキング・マイノリティ
  • 民族学伝承ひろいあげ辞典
  • 管理者ページ

このブログをリンクに追加する

ブックマーク

プロフィール

かし りょう

Author:かし りょう
神話・古代史に思いを馳せる。
と言うと格好良いですが、実際は、
”空想にはお金がかからない”
という事で。。。
つたない知識のオンパレード。


大樹の下で<別館>
~ネタほん図書館~


くつろぐマイプロフィール

にほんブログ村 トラコミュ 昔話、伝承、神話へ
昔話、伝承、神話
にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

月別アーカイブ

日本神話関連書籍

ギリシャ・ローマ神話関連書籍

中近東神話関連書籍

インド神話関連書籍

中国・朝鮮神話関連書籍

ケルト・北欧神話関連書籍

中南米神話関連書籍

アフリカ神話関連書籍

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。